投資信託

投資信託とは?凄くわかりやすく投資信託の基本を徹底解説します

 

 これから投資信託を始めたい人

これから投資信託を始めたいと思っているけど、、、っていうか投資信託のこと、まったく知らないし・・・。投資信託って難しいのかなぁ・・・?

これから投資信託を始めたいと思っているので、詳しい内容が知りたいです!

 

こういった方のために、投資信託の基本からわかりやすく解説していきます。

 

この記事を書いている私は、国家資格 FP(ファイナンシャルプランナー)技能士の資格を持っていて、株トレードや投資信託といった資産運用で毎年利益を積み重ねています。投資信託は、年利回り10%以上を達成し続けています。(2020年10月現在)

 

投資信託とは?投資信託の基本がわかります

結論から言いますね。

投資信託とは、今まで投資経験がまったくない人にとって、一番簡単で最適な金融商品の一つです!

 

なぜかというと、投資のプロ(ファンドマネージャー)が、みなさん(投資家)から集めたお金を国内外の株式や債券、不動産等に投資し、そして、その運用して得られた利益は分配金として受け取ることができるからです。しかも、少額から始めることができます。

 

ということは、みなさんは何をしたらいいかというと、投資信託を取り扱っている販売会社(証券会社や銀行、保険会社等)に「毎月引き落としで、お金を預けるだけ」なんです。たったこれだけでOKなんです。毎月貯金していくような感覚です。

 

ね。超簡単でしょ?

後は、ほったらかしでお金が増えるのを待っていればOKということです。

 

「でも、ほったらかしでお金が増えるのを待っていればOKと言っても・・・お金を預けるだけで、本当に増えるのかな・・・?逆に、お金が減っちゃうんじゃないの?とても心配。。。」

 

このような疑問を持たれた人も、いるかもしれませんね。

 

もちろん「絶対に、お金が増える」という保証はありません。また、いくら投資のプロ(ファンドマネージャー)が運用するといっても、100%利益を出せるわけではありません。ただ、お金を運用するうえで、投資経験がまったくない人が運用するよりも、投資のプロ(ファンドマネージャー)が運用した方が、トータル的考えて間違いなく有利だということです。

 

もっと言えば、今の世の中、銀行にお金を貯金していてもほとんど増えないのが現状です。お金を貯金していても増えないということは、逆を言えばお金を運用していく以外、お金を増やす手段がないということです。

 

一生懸命仕事をして給料をもらって、その一部を貯金していけば貯まるじゃないですか!?と思われた方もいるかもしれません。

 

確かに、少しずつは増えていきます。でも、なかなか大きなお金にならないのが現状です。昔は、銀行の金利(利息)がとても高かったので貯金していればよかったのですが、今は、ほとんど金利(利息)がつきません。

 

であれば、投資の中でも最もリスクの低い、投資信託にお金を投資していく方が、効率的で間違いなくお金は増えていくと思います。

 

投資信託には、一括投資と積立投資があります。初心者の方には、低リスクの積立投資をおすすめします。あと、分配金は受け取らず再投資に回してくださいね。複利でどんどんお金が増えていきますよ。

 

ここまで簡単に投資信託についてお伝えしましたが、もう少し詳しく解説したいと思います。

 

 

投資信託の仕組みがわかります

投資信託とは、下の図のように多くの場合、主に「販売会社」「運用会社」「受託会社(ファンド)」の3つの会社によって運営されています。

 

画像をクリックすると、画像が大きくなり見やすくなります

 

これら3社が、それぞれしっかりと役割を果たすことで、投資家(みなさん)の資産をしっかりと管理・運用しています。

それでは、それぞれの会社について説明します。

 

1.販売会社とは

販売会社とは、投資信託を始めるための口座を開設する会社です。

投資信託を始めたいと思った場合は、まずは、証券会社や銀行、郵便局といった販売会社に口座を開設しなければなりません。ですので、まずは口座を開設しましょう。投資家は、この販売会社にお金を振り込むことになります。

 

ちなみに、販売会社のおすすめは楽天証券です。なぜかというと、取扱い銘柄本数が業界屈指のなんと2,694本(2020年8月現在)!その他、たくさんのメリットがあるのですが、なんと言っても「楽天ポイントが使える!」ということろが、大きな魅力です。

 

楽天カード(楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード)をお持ちのみなさんは、カードを使うとポイントが貯まりますよね?そのポイントが、1ポイント1円として使えるんです。これは、大変お得です。

 

私も楽天証券で口座を開設し、積み立ての投資信託をしています。どんな商品(ファンド)に投資をしているのか気になる人は、こちらの記事に書いておいたので、ぜひご覧ください。

投資信託のメリット・デメリットを初心者にわかりやすく解説します!

続きを見る

 

 

2.運用会社とは

運用会社とは、販売会社に対し投資信託を作っている会社です。

では、どのように投資信託を作っているかというと、ファンドマネージャーと呼ばれる投資の専門家が中心となって、経済や金融情勢などに関するさまざまなデータを収集・分析し、運用方針を決め作っていきます。

そして、受託会社に運用の指図をおこないます。運用会社の運用方針によっては、成績に大きく差が出てくる可能があるので、とても重要視されています。

 

3.受託会社とは

受託会社とは、投資家から集めたお金を運用会社の指示に従って運用する会社です。

ですので、投資家のみなさんから集めた財産は、受託会社が運用・管理・保管しています。
投資信託とは、こうした主に3つの会社「販売会社」「運用会社」「受託会社(ファンド)」が、それぞれ役割を分担し、運営されています。

 

 

投資信託とは?まとめ

投資信託とは、どんな投資なのか、また投資信託はどのような仕組みなのか、投資信託の基礎について解説しました。

 

投資信託とは、今まで投資経験がまったくない人にとって、一番簡単で最適な金融商品の一つです。将来、年金と投資信託で稼いだお金で、ゆっくりと暮らしてみてはいかがですか?

本当に、投資信託は誰でもできますので、ぜひ始めてみてくださいね。

 

投資信託初心者におすすめの本

これから、投資信託を始めようと思っている人が読んでおくべき本を紹介します。

 

-投資信託

© 2020 KOOOH BLOG. All Rights Reserved.