株トレード

株のトレードルール作成手順を公開【有料級】

 

 株のトレードルールを作りたい人

株トレードをするんだったら、自分でトレードルールを作りなさい!ってよく聞くけど、どうやってトレードルールを作ったらいいんだろう?

インターネットで、トレードルールの作り方について調べても、ぜんぜん出てこないし・・・

 

これから本気で株トレードで稼ぎたいと思っているので、株のトレードルールの作り方を知りたいです!

 

こういった悩みについて、わかりやすく解説します。

 

この記事を書いている私は、株トレード歴10年。
現在も現役株トレーダーとして、淡々と利益を出し続けています。

 

株のトレードルールの基本的な考え方

まず初めに、株のトレードルールの基本的な考え方について解説したいと思います。

 

相場の世界では、株価がランダムに動いています。いつ株を買ってもいいし、買った株をいつ売ってもOKです。これらは、全て自分の判断で行うものであり、株トレードの結果がどのような形になっても自分で責任を取らなければいけません。

 

株価が、上がるか下がるかは誰にもわかりません。確率で言うと1/2です。何となくあがりそうとか下がりそうとかという思い込みだけでトレードをすると、必ず、最終的には大きな損失をかかえるという結果になってしまいます。

 

では、なぜ大きな損失を抱えることになるのか、その理由は、人の心理が関係してくるからです。ほとんどの初心者は、間違いなくこういうことをしてしまいます。

例えば、株が上がるか下がるかは、1/2の確率なので、何も考えず株を買ったら、利益を得ることができた。すると、次のトレードをする時は、株の購入金額が大きくなる。その結果、負けた場合の損失も大きくなる。

 

この意味を深堀するとこういうことです。

株トレードの初心者は、ロスカット(損切)ができないので、買った株が下がった場合、そのまま保有し続けてしまいます。その後、損失が益々膨らみ、我慢の限界が来た時に売ってしまうという行動を取るということです。

 

また、利益に関しては、損失を出したくないという気持ちから、少ししか利益がのっていいない状態にも関わらず、ですぐに利益を確定してしまいます。そして、株を購入し、もしすぐに株価が下がった場合、損失はとことんまで耐えるといった行動を取ってしまいます。

 

こういう行動は、株トレードを始めた人のほとんどが、経験します。こういう間違った行動を繰り返さないためにも、トレードルールは、必ず必要になってくるということです。

 

「じゃ、トレードルールってどうやって作るの?」

 

こういう疑問がわいてくるかと思います。それでは、株のトレードルールの作成手順について、解説していきます。

 

 

株のトレードルールの作成手順を公開

まず、株のトレードルールは、トータルの利益がプラスになるのであれば、なんでもOKです。人それぞれ性格が違うので、地道に自分に合ったトレードルールを見つけるしかありません。そうは言っても、株トレードの初心者には難しいと思いますので、下記の手順にそってトレードルールを作ってみてください。

 

1.順張り、逆張りかを決める

まず、最初に順張りのトレードをするのか、逆張りのトレードをするのかを決めましょう。ここでは、スイングトレードをするという前提で解説していきます。

 

  • 順張りトレードとは

約6ヵ月~1年間の日足チャートを表示させ、トレンドが発生している方向と同じ方向にポジションを持つという方法です。トレンドが発生している間、利益がどんどん増えていくというメリットがあります。

 

  • 逆張りトレードとは

買われすぎ、売られすぎのポイントを見つけ、買われすぎであれば売り(空売り)からポジションを持ち、売られすぎであれば買いからポジションを持つ方法です。

トレンドとは逆方向にポジションを持つため、ポジションの保有期間は約2~3日程度です。これ以上保有していると、せっかくのった利益がなくなる可能性があります。

 

ポジションとは、買いか売りかもしくは両建てで建玉を保有している状態のことを言います

 

2.エントリーポイントを決める

ランダムに動く株価チャートの中から、エントリーするポイントを決めます。エントリーするポイントは、たくさんあるのですが、代表的なものを紹介しますので、その中から自分にあいそうかな~というものを選んでみてください。

 

  • ① 直近高値+1ティックでエントリー

10日移動平均線、25日移動平均線、60日移動平均線の並びで、すべてが上向きの状態です。一般的な順張りトレードのとてもシンプルなエントリー方法です。

 

 

  • ② 25日移動平均線を下に抜け、翌日、前日高値+1ティックでエントリー

25日移動平均線が意識されサポートとなり、更に上に向かっていくエントリー方法です。

 

 

  • ③ 前日大陰線、翌日、前日高値+1ティックでエントリー

2020年6月9日に992円の高値をつけ、その付近で株を買った初心者が我慢の限界により、株を投げ売ったのが7月28日からの4日間の陰線に出ています。その初心者の投げ売りを確認してからエントリーする方法です。

 

 

  • ④ 前日長い上髭をつけ、翌日、前日高値+1ティックでエントリー

基本的に長い上髭をつけた場合、翌日より下落が始まるのが普通です。しかし、翌日、前日の長い上髭を超えてきたということは、その銘柄は強いと判断しエントリーする方法です。

 

まだまだ、エントリーするポイントはたくさんありますが、とりあえずこの中から選べばOKです。トレードをしているうちに、もっとこうした方がいいんじゃないかとか、あーした方がいいんじゃないかとか、色々とひらめきが出てきますので。

④ 前日長い上髭をつけ、翌日、前日高値+1ティックでエントリーについては、株トレードの初心者の人にはおすすめできません。あくまでも、中級者以上の方を対象としています

 

3.利益確定ポイントを決める

次に、利益確定(利食い)ポイントを決めましょう。利益確定ポイントを決めるのは、銘柄によって値幅やクセが違うので、けっこう難しいと思います。

 

東証1部の銘柄は、だいたい1つの波の値幅が平均10%~15%ぐらいですから、とりあえず+10%のところで、半分利益を確定し、残りの半分は前日安値-1ティックのトレーディングストップで進めていくようにしてください。

 

4.ロスカット(損切)ポイントを決める

ロスカットポイントも人によっては、まったく違います。何パターンか紹介しますので、どれがいいか選んでください。

 

  • ① 前日安値-1ティック

  • ② 前日もしくは、一昨日の安値が安い方でー1ティック

  • ③ 自分が最初に決めたシナリオが完全に崩れる場所

 

一般的には、だいたいこんな感じです。
-1ティックのところを-2ティックにしてもOKです。

 

 

 

5.購入株数を決める

いくらの株が何株まで購入できるのかということを決めていきます。基本的に購入する株数は、株トレードをするために用意したトータル金額の15%~20%ぐらいだと思ってください。

 

このトータル金額のパーセンテージを大きくしてしまうと、勝てればいいのですが負けた場合、1回のトレードの損失金額が大きくなってしまい、すぐに相場から退場せざるおえなくなります。

 

どういうことかというと、順張りトレードの勝率は、だいたい30%前後ですから、特に初心者の人は数回の負けで、資金がすべてなくなってしまう可能性があるということです。ですので、まずは少ない金額で株を購入するようにしてください。

 

それでは、いったいどれぐらい株が買えるのでしょうか?

例えば、株トレードに使おうと思って用意したお金が、全部で50万円だったとします。そうすると、50万円の15%~20%ぐらいですから、

 

15%の場合

50万円 × 15% = 7万5,000円

 

 

20%の場合

50万円 × 20% = 10万円

 

となります。

ということは、単元株数が、100株として、1株400円の株であれば、15%の場合は100株、20%の場合は、200株購入することができるということになります。

 

「えーこんな少ししか株を買えないんですか?だったら、ぜんぜんお金が増えていかないじゃないですか!」

 

というふうに思った人もいるんじゃないでしょうか?その気持ち十分わかります。でも、順張りのプロのトレーダーでも、普段1トレードに入れるお金は、トータル金額の20%ぐらいです。では、プロのトレーダーとの違いは何か?

 

それは、

トレードに使えるトータル金額が大きいということです。

 

例えば、トータル金額が1億円あれば、それの20%まで株を購入できるわけですから、

 

1億円 × 20% = 2,000万円

 

こういう計算になります。すると、2,000万円まで株を購入することができるということです。これで、理解できますよね。購入できる金額が大きくなれば、入って来る金額も大きくなる。少ない金額の人でも利益を複利で増やしていけば、お金の増えていくスピードは速くなります。ですので、コツコツいきましょう。

 

話は戻ります。
ここまで決まれば後は、そのルールに則って売買を繰り返し、それをしっかりと履歴として残し見直しをしていきます。

 

そうすると「損切ポイントをもう少し縮めよう」とか「利益確定は、+7%ぐらいにした方がトータル的に利益が大きくなったなあ~」とか、色々とわかってきます。

 

そして、マイナスになる要素を排除していくことで、自分の性格に合ったトレードルールが確立するというわけです。この自分のトレードルールを見つけるまで、かなりのトレード回数が必要になってきますから、途中でやめたくなる時もあるかもしれません。しかし、そこは、諦めずに頑張りましょう。

 

 

株のトレードルール作成手順を公開まとめ

株のトレードルールの作成手順について、ポイントをまとめると、

  • 順張り、逆張りかを決める
  • エントリーポイントを決める
  • 利益確定ポイントを決める
  • ロスカット(損切)ポイントを決める
  • 購入株数を決める

 

この5点を決め、まずは株トレードを始めてみてください。そして、統計を取りトータル的に利益が出るのであれば、あとはそのルールを使い続けましょう。

 

-株トレード

© 2020 KOOOH BLOG. All Rights Reserved.