株トレード

株トレードの始め方【現役トレーダーがゼロから解りやすく解説】

 

 株トレードの始め方をゼロから知りたい人

これから株トレードを始めようと思ってるけど、何から始めたらいいんだろう・・・?色々インターネットで検索したけど、、、全然わからない。。。

 

初心者でも解りやすい「株トレードの始め方」が知りたいです!

 

これから株トレードをゼロから始めようと思っている人は、このような疑問を持っている人もいるんじゃないでしょうか?この記事では、そういった人のために「ゼロから株トレードの始め方」を、わかりやすく解説したいと思います。

 

この記事を書いている私は、株トレード歴10年。
現在も現役株トレーダーとして、淡々と利益を出し続けています。

 

株トレードの始め方の手順

株トレードをするには、まずは準備が必要です。株トレードを始めようと思っている人は、何から始めていけばいいのかわからないと思いますので、下記の手順にそって進めていってください。すでに、準備済みのものがあれば、その項目は飛ばしてもらって結構です。

それでは、見ていきましょう。

 

1.インターネット環境を整える

まずは、インターネット環境を整えなければ株トレードはできません。すでに、インターネット環境が整っている人は、次のステップに進んでいってください。

 

まだ、インターネット環境が整っていない人は、プロバイダー契約をおこなう必要があります。おすすめのプロバイダーをご紹介します。

自分が使っている携帯電話の会社と契約すれば、とてもお得になりますよ。

 

 

 auひかり

「auひかり」は、auのスマートフォンを利用している人におすすめです!

「auひかり」の特徴は、「auひかり」と「auスマートフォン」の対象料金プランご加入することで、ご利用料金が永年割引されます。

また、家族それぞれに割引が適用されるので、家族が多ければ多いほど受けられる割引金額が増えていくんです。

その他、プロバイダ料込みで毎月安く利用することができます。auのスマートフォンを利用している人は間違いなく「auひかり」に申し込んだ方がお得です!

 

» 申込みはこちら

 

 

 SoftBank光

「SoftBank光」は、ソフトバンクのスマートフォンを利用している人におすすめです!

「SoftBank光」の特徴は、ソフトバンクのスマートフォンとセットで、1台あたりスマホの通信料金が永年毎月1,000円割引になります!

また、インターネットの速度が「最大で1Gbps」と、とても速いので株トレードをするには最高です。

ソフトバンクのスマートフォンを利用している人は間違いなく「SoftBank光」に申し込んだ方がお得です!

 

» 申込みはこちら

 

 

 GMOとくとくBBのドコモ光

GMOとくとくBBの「ドコモ光」は、ドコモ(docomo)のスマートフォンを利用している人におすすめです!

GMOとくとくBBの「ドコモ光」の特徴は、家族最大毎月1,000円永年割引されます!また、家中の機器を高速で同時接続できるWiFiルーターが無料で使えます。WiFiルーターが無料というのは、とてもうれしいですね。

ドコモ(docomo)のスマートフォンを利用している人は間違いなくGMOとくとくBBの「ドコモ光」に申し込んだ方がお得です!

 

» 申込みはこちら

 

 

2.パソコンを用意する

インターネットの環境が整った後は、次に、パソコンを用意しましょう。スマートフォンだけでもできなくはないですけど、しっかりと株トレードの基礎から学ぶためには、パソコンはあった方が絶対にいいです。

 

すでに、パソコンを持っている人は、今使っているパソコンをそのまま使っていただければOKです。パソコンを持っていない人は、下の記事をご覧ください。

 

株トレードで、勝ち続けるためのおすすめパソコンについて、まとめてあります。

株トレード”おすすめパソコン”【現役トレーダーが徹底解説】

続きを見る

 

2.証券会社に口座を開設する

インターネットの環境が整いパソコンも用意できれば、次に、証券会社に口座を開設していきます。証券会社といっても「ネット証券」での口座開設が必要です。

 

なぜかというと、窓口だけの株の取引しかできない証券会社では、スピーディーなトレードができないからです。また、株トレードでは、株価チャートを確認しながらトレードしていきます。

 

ですので、ネット証券で口座開設をしてください。もちろん、口座開設手数料、口座維持手数料は無料です。株トレードの初心者におすすめの、売買手数料が安くて取引ツールが使いやすいネット証券をご紹介します。

 

 売買手数料が安く取引ツールが使いやすいネット証券

» DMM.com証券

 

 一日の約定代金50万円まで、売買手数料無料のネット証券

» 松井証券

 

違うネット証券がいいという人は、下の記事をご覧ください。ネット証券の手数料の比較についてまとめています。

【手数料無料】手数料が安いネット証券比較、株トレード初心者必見!

続きを見る

 

証券口座を開設する際は、「マイナンバーカード」や「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」が必要になってきますので、準備しておいてください

 

3.証券会社にトレード資金(保証金)を入れる

証券会社の口座開設が完了したら、次に、株トレードをするためのトレード資金(保証金)を証券会社に入金しましょう。今あなたがお持ちのネット銀行からすぐに入金することができます。入金後は、すぐに株トレードを始めることができます。

 

ネット銀行を持っていないという人は、こちらのネット銀行で銀行口座を開設してはいかがですか?どちらか持っていればOK。

おすすめを紹介します。

 

» 楽天銀行

» 新生銀行

 

トレード資金(保証金)については、できれば30万円以上入金した方がいいです。というのは、証券会社に30万円以上のトレード資金(保証金)が無い場合、信用取引ができないからです。

 

信用取引ができないということは「買い」でしか株トレードができないということになります。ということは、下降トレンドが発生した場合は「空売り」が出来ないので、利益が取りにくくなります。なので、30万円以上入金するようにしてください。

 

空売りのルールについて知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

株トレードの空売りのルールを徹底解説!

続きを見る

 

4.証券会社の取引ツールをインストールする

証券会社にトレード資金(保証金)の入金が終わったら、次は、その証券会社の取引ツールをインストールしましょう。取引ツールは証券口座を開設した、その証券会社が提供しているものを使用することになります。

 

ということは、

DMM.com証券で口座を開設すれば、DMM.com証券の取引ツール「DMM株 PRO+」を使用すことになります。

松井証券で口座を開設すれば、松井証券の取引ツール「ネットストック・ハイスピード」を使用すことになります。

 

取引ツールは、株トレードをする上でのとても重要な「商売道具の1つ」です。ですので、機能性が高く使いやすい取引ツールを選びましょう。

私がおすすめするのは、無料で使用できるDMM.com証券の「DMM株 PRO+」です。インストール方法(操作マニュアル)はこちらになります。

 

» DMM株 PRO+インストール方法(操作マニュアル)

 

 

株トレードの始め方まとめ

1~4の手順で証券会社の取引ツールまでインストールさえすれば、あとは、どの銘柄(株)を購入するかだけです。ただ、どんな銘柄(株)を購入したらいいのかわからない人もいるかもしれません。

 

そういった人は、こちらの記事を読んでみてください。

株トレード"スクールの重要性"を徹底解説!

続きを見る

 

株トレードをする上で、基礎を学ぶということはとても重要です。初心者は年間トータルで計算した場合、必ず「負ける(損失を出す)」というのは、株の世界では当たり前です。

 

そう考えると、相場で負けてお金が無くなるのとスクールでお金を使う(スクール費用)のを比較した場合、スクールに入った方が学べることやメリット多く絶対にいいです。

 

しっかりと基礎を学ぶことで、相場で勝ち続けるトレーダーへと成長しますし、もっと言うならば、スクールにかかった費用ぐらいはすぐに稼ぐことは可能です。そして、更に利益を爆発的に伸ばしていくことができます。

 

ですので、スクールに入ることをおすすめします。まだ、どこのスクールに入るのか決めていない人は、下記のスクールをおすすめします。

 

» 神リッチプロジェクト

 

では、頑張ってくださいね。

 

-株トレード

© 2020 KOOOH BLOG. All Rights Reserved.