株トレード

トランプ大統領【新型コロナに感染】今後の相場はどうなるのか?

 

 トランプ大統領が新型コロナウィルスで、今後の相場がどうなるのか知りたい人

アメリカのトランプ大統領が、新型コロナウィルスに感染したって報道が出たーーー!

うわー株価が、急落してきたぞー。

これからの相場は、どうなっていくんだろう・・・?

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を書いている私は、株トレード歴10年。
現在も現役株トレーダーとして、淡々と利益を出し続けています。

 

トランプ大統領の新型コロナウィルス感染報道はいつ?

新型コロナウイルスは2019年12月に武漢市で発生し、武漢から世界に広がっていったというふうに言われています。ただこれは、100%そうなのかどうかは、まだはっきりとわかっていません。

 

世界の感染状況について、2020年9月29日時点での外務省のホームページ の発表では、アメリカが世界で一番「新型コロナウィルス(COVID-19)」の感染者が多い国として記載されています。そういった中、

 

2020年10月2日(金)12:24に、一般社団法人共同通信社 より「トランプ氏、コロナで軽い症状(夫人も感染、再選に打撃)」という内容が、報道されました。

 

世界先進国であるアメリカの大統領にまで感染が広がったということで、株投資や株トレードをしているトレーダーからすると、日本の株価への影響はろうなんだろう?と思ってしまいますよね。

 

それでは、実際に今回のトランプ大統領の新型コロナウィルス感染報道を受けて、日経平均株価がどうなったのか見ていきたいと思います。

 

 

トランプ大統領の新型コロナウィルス感染報道後の日本平均株価は?

アメリカのトランプ大統領が、新型コロナウィルスに感染したという報道を受けて、日経平均が一時的に急落しました。私もいくつかの銘柄を保有していて11%ぐらいの利益がのっていたのに、夜株価を確認するとロスカット(損切り)ポイントで決済となっていました。

 

前日に、「まあ、ここまでは下がらないだろうな~」と思いながら、ロスカット(損切り)ポイントをセットしていたので、「あれ?ロスカット(損切り)になってる!?何かあったのかな?」と思いました。

 

それで、インターネットでニュースを見てみると「トランプ大統領が、新型コロナウィルスに感染」と報道されていたので、「あ~なるほど」と納得しました。そして、つくづくロスカット(損切り)は、重要だと思いました。相場は、何が起こるかわからないですかね。

 

それでは、「トランプ大統領が、新型コロナウィルスに感染」と報道されてから、日経平均株価がどうなったのか見ていきましょう。

 

 日足株価チャート

※画像をクリックすると、画像が大きくなり見やすくなります。

 

 5分足株価チャート

※画像をクリックすると、画像が大きくなり見やすくなります。

 

「トランプ大統領が、新型コロナウィルスに感染」の報道がされてから、一気に株価が下がったと思っている人が多いかと思います。5分足の株価チャートでは、急落に見えますが、しかし、日足の株価チャートで見ると、ただ普通に少し下げた感じで終わています。ですので、冷静に判断してもらうと何も心配することはありません。

 

今後、株式相場はどうなるのか?

今後のトランプ大統領の容体によって、株式相場はどうなっていくんだろう?株投資や株トレードをしている人からすると、こんなことを考えている人が多いのではないでしょうか?

 

その結論の答えは「わからない」が正解です。

 

巷では、これからの株式相場は上がるだの下がるだの言ってる人がいますが、実際のところ、今後の株式相場の行方を100%当てれる人は、誰一人いないのが現状です。それは、株が上がるか下がるかは、誰もわからないからです。そんなことがわかるんであれば、世界中のお金はすべてその人が手に入れることになります。絶対あり得ません。

 

株投資をしている人からすると、今後の株式相場の行方が気になるかと思いますが、私たち株トレーダーからすると、目の前の株価が全てですから、今後の株式相場が上がろうが下がろうが気にする必要はありません。

 

それよりも、株価が上か下かに大きく動いてくれるかどうかの方が大事です。
株トレードと株投資の違いについて、まだ、理解されていない人はこちらの記事をご覧ください。

株トレードとは?超簡単!株トレードと株投資の違いがわかります

続きを見る

 

 

今後のトレーダーの心構えとは?

今後、新型コロナウィルスのワクチンが開発され、新型コロナウィルス終息へと向かっていきまます。その後の株価がどのように動いていくのかわかりませんが、どのように動いて行ってもいいように準備しておかなければなりません。

 

考えられることは、今の株価水準が高いのか安いのか?

 

もし、今の株価水準が「新型コロナウィルスのワクチン開発で経済回復が、織り込まれている株価」なのであれば、株価は下落方向に行く可能性があるので、空売り目線で株価チャートを見た方がいいかもしれません。

 

しかし、相場は何が起こるかわからないので、一方的に決めつけず対応するようにしましょう。

 

話をまとめると、今後のトレーダーの心構えとは「相場の状況を客観的にとらえ、どちらに動いてもいいように準備しておく」です。

 

以上、では、頑張ってくださいね!

 

 

-株トレード

© 2020 KOOOH BLOG. All Rights Reserved.